キャッシングの申込で勤務先に電話がかかること

キャッシングの申込を行うと必ず審査手続きがあり、その際には申込者の勤務先に在籍確認の電話がかかるようになっています。これは何のために行われるのかというと、申込者に安定した収入があるかを確かめるために、勤務先の情報から実際に勤務しているか確認が行われます。
これはカードローンを申し込んだときも同じで、お金を借りる先の金融機関ではすべて審査が行われます。実際に借入を利用することになったら利用者の返済能力があるかが問われます。そのために各金融機関では審査が行われ、借入利用者に安定した収入があることの確認を行い、申請された勤務先の在籍状況を調べることになるのです。
電話連絡については消費者金融からかかってきた場合、相手先は自らの社名を名乗らずに個人名でかけてきます。ですので申込者本人以外の物が電話に出た場合でも、どういう用件であるかは本人しか分からないようになっています。その際に相手先から聞かれることは多くなく、申込内容についての簡単な確認があるくらいです。
電話連絡に応答できない場合は、他の方法で勤務先の情報を申請することも出来ます。会社によっては業務内容以外の要件では電話を取り次いでもらえなかったり、申し込んだその日が休業日の場合もあるので、その場合は在籍状況が分かる書類を提出することで審査手続きが行われます。適用出来る書類には社員証や健康保険証の写し、給料明細表や源泉徴収票などが適用出来ます