銀行カードローンの審査は勤続年数が重要

銀行カードローンを申し込む際には当然審査が必要となります。この点は消費者金融などと大きな違いはありません。しかし殆どの銀行はカードローン契約の際に保証人や担保を取らない代わりに、提携している消費者金融を保証会社として指定します。この保証会社の審査に通らなければ契約出来ないわけでありますから、消費者金融が審査しているのとほとんど変わらないと言えるでしょう。ただし、銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは、申込時に何を重要視しているかということにあります。総量規制の対象となっている消費者金融の場合には、申込人の収入額を重要視します。所得証明などの提出を求めたりして、年収の3分の1以上の融資を行わないようにしているのです。これに対して銀行カードローンは収入額よりも勤続年数を重要視しているのです。このようなローン商品の融資の条件として『安定した収入を得ていること』としている銀行が多く、その時点での収入額よりも勤続で勤務している年数が安定した収入を得ている証拠となるのです。よっていくら収入があっても、勤続年数が1年未満であるような場合には審査に通らない可能性すらあるのです。勤続年数については申し込み時に確認していますが、もちろんこれは自己申告となっており、職場へは消費者金融同様に在職確認の連絡がいくだけとなっています。なお、銀行カードローンは前述のとおり消費者金融のシステムを利用していますので、条件が揃い無事に審査を通過して契約出来れば、申し込みして最短で即日での融資が可能となっています。