銀行カードローンの審査に住宅ローンは影響する?

銀行カードローンを借りるときの審査では、住宅ローンがあると影響するという意見と、影響しないという意見があります。カードローンに申し込みをするとき、借入件数を申告しますが、これは無担保の借入をさすようです。住宅ローンのように不動産を担保に入れているローンについては、借入件数1件としてカウントされないこともあります。また、住宅ローンの負担がある人は、マイホームを持っているため家賃の支払いがありません。一般的には家賃の支払よりも住宅ローンの支払いのほうが負担は大きいと思われていますが、それでも無理のない負担であるのならそれほど影響はしないと思われます。マイホームを持っているということは、引っ越しをして連絡がつかなくなるというリスクがないので、信用につながります。

 

銀行カードローンを借りるときには、安定収入があることと個人信用情報が重要です。安定収入があり、個人信用情報に傷がない人ならば、審査に通る可能性は十分にあるでしょう。

 

銀行カードローンを借りるときは、住宅ローンを借りているのと同じ銀行で借りると優遇金利が受けられることもあります。また、同じ口座が利用できるので、融資までのスピードがはやく、役立ち度も高いでしょう。銀行カードローンを選ぶときは、まずは住宅のローンを借りているところを検討してみるようにしましょう。ただし、返済で延滞をしている人は注意が必要です。かなり前に延滞をした記録までは影響しないこともあるので、過去1年で延滞をしていないかをとりあえず考えてみましょう。