専業主婦は複数社のカードローンに申込まない方が良い

主婦の方は子供の教育費や旦那さんの接待費などで、余計なお金がかかってしまいます。
主婦の方でもパートやアルバイトで、少しでもお金を稼ぎ生活費にしている人もいます。
それでもお金が足りない時は、金融業者を利用してお金を工面する人もいますが、主婦だとカードローンやキャッシングに申込めないと思っている人も多いです。
主婦でも毎月決まった収入があれば、返済能力があるとみなされカードローンやキャッシングを利用が可能となっています。
しかし収入がまったくない専業主婦の場合は、消費者金融や信用金庫などの貸金業者では、総量規制があるので利用できないことが多いです。
収入がまったくない専業主婦でも申込める金融業者というと、総量規制のない銀行があります。
銀行では専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば借りることができます。
配偶者に内緒で申込むことができるので、配偶者にばれる心配がいりません。
ただし専業主婦の場合は、融資額が少なくなるので気をつけてください。
カードローンに申込む時に気をつけることは、複数のローン会社に同時に申しこまないことです。
複数社に同時に申込むと個人信用情報機関に履歴が残るので、この人は相当お金に困っていると思われ審査に通ることが難しいです。
他にも複数社のカードローンやキャッシング会社から借入をしていると、審査に通ることが難しくなります。
どうしてもお金を借りたいからと、嘘の申告をすると信用できない人と思われ審査に落とされるので、正しく申告しましょう。
但馬銀行