すみやかに対処をしたいカードローン返済忘れ

カードローン返済忘れをしないようにするには、銀行の預金口座を登録しておき、自動引き落としにするといいでしょう。口座にお金を用意しておくだけで、手数料無料で引き落とされるので、返済をする確率が少なくなります。
ただ、お金の入金が約定日の引き落としに間に合わなかった場合や、返済をし忘れてしまった場合には、すみやかにコールセンターに連絡をして、遅延してしまったことを連絡しましょう。期日当日や翌日くらいで、その場でATMから手続きしたり、振り込みをすれば、延滞利息も求められずに、遅延をした記録も信用情報機関に記載されないように配慮される場合があります。しかし、何度も繰り返している場合には、そのように応対される恐れもありますので、以降は気をつけるようにしましょう。もし、カードローン返済忘れをして、1週間くらい経っていた場合や、通知があるまで気づかなかった場合は、支払い可能な日を指定して、その日までに支払うようにしましょう。金融機関によっては、指定した日までにかかる遅延した分の金利を返済額に加算して、支払うように求めることもあります。
2ヶ月以上支払わずに延滞している場合は、カードローン申込時に郵送物や、電話連絡をなしに設定していても、自宅に督促状が来たり、家の固定電話や勤務先の会社に支払いをするように連絡があるでしょう。そのままにしておくと訴訟を起こされて給料などの差し押さえを受けることもありますし、何の措置を受けないからと踏み倒したままにしておくと、信用情報に延滞の記録が記載され、新たな借入もカードローンの新規作成や更新もできなくなることがあります。返済が行えない場合は、そのままにせず、法律事務所に相談して、債務整理をするようにしましょう。